スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンキー!!

2011年11月23日 18:46

久しぶりにむ~っちゃ寒い札幌pen1_24.gif
痛いくらい寒い!!
雪が降る前に脱出したいものです。。。

さて、入籍しても、役所の人は約1時間半かかった確認後、「お疲れ様でした」と一言。
おめでとうじゃないんだ・・・。

会社の名札もまだ変わってないし、な~んの実感もなかったけど、昨日は一緒に仕事をした男子&女子がみんなでサプライズのお祝いをしてくれ、LUCY・・・泣きそうでした・・・
一生に一度の(であってほしい・・・)出来事ですから、みんなに「なんで入籍翌日の早朝から仕事してるんですかー!!仕事してる場合じゃない出来事ですよっ!!!」って言われたけど・・・みんなのお祝いや、Facebookにびっくりするくらいたくさんのメッセージ、その他などに十分幸せを感じてます


さて、バリ日記復活です。


LUCYの高校時代のあだ名はモンキー。
別にサルに似てるわけでもなく?ただ「ウッキーウッキー!」って言ったがために、先生もモンキーって呼んでた。
でも、モンチッチはち~っちゃいころから大好きで、動物園に行ってもサル山は飽きるまで見るし・・・。
基本的にサル大好きです。


だからバリでも行ったことのなかったサル園へ♪




     DSC_2809.jpg



このヤル気のなさ。

最高に癒されるのはLUCYだけ・・・?



そして、何が気になったのか忘れたけど、このサルと同じ反応をしてしまったLUCYって。。。


DSC_2812.jpg



もしかしてサルに似てるんじゃないか・・・・?




バリ。

暑いですから、わざわざお金出してこのサル園に入った人間を気にせず寝てても文句はありません!!




     DSC_2834.jpg





もっちろん、走り回ったり人に乗っかったりするアクティブなサルも、ノミ取りしながら家族愛を感じさせるサルなども様々でしたが、LUCY的にはボ~ッとしてるサルになんだか人間っぽさを感じる。。。





     DSC_2855.jpg




ともかくめっちゃ楽しめた私。

モンキーってあだ名も悪くなかったし、LUCYの前世は確実にお猿さんだった事でしょう。。






そしてお昼は以前も訪れた「Ibu Oka」でぶたちゃん料理。

     DSC_2857.jpg




朝ごはんもいっぱい食べたのに・・・・health_b.gif




     DSC_2866.jpg




やっぱり美味しかったぁ~。



まだまだバリ観光。

以前はダイビングばかりで見ることのできなかったものを続々とっpen1_86.gif




スポンサーサイト

☆幸せの道☆

2011年11月21日 18:32

バリ日記は一時お休み・・・・butatane.gif

今日はLUCYの私生活日記。



LUCYは正直、いろんな意味で贅沢で幸せな生活をしてました。
夢を叶え、欲しいもの買い、食べたいもの食べ、いつでも周りには笑顔にしてくれる人、心の傷を癒してくれる人がいて、ホントにLUCYにはもったいないくらいの友達、恋人、家族に支えられながら楽しい人生を送ってました。

でも、そんな素敵な人生の中でも、なんなのか分からないけど煮え切らない、見えないけど何かに物足りなさを感じてた。



いつまでもこんなんじゃダメだな。。。。





そして。




2010年1月1日。
自分の人生を変えたくて、オーストラリアのパースへ飛び立った。




わたし。




勇気を出した事で本当に自分の人生を変える事が出来ました。





今日、2011年11月21日。




DSC_33192.jpg




オーストラリア人の彼と入籍し、これ以上にない幸せを感じています・・・・

いずれはオーストラリアに移住しますから、不安もあるし、両親に寂しい想いをさせてしまう申し訳なさ。
結婚は1ヶ月前に決めたからマリッジブルーになる暇はなかったけど、国際結婚ですから。

婚姻届以外に色んな書類の提出が必要で、それも役所ごとに違うので、LUCYは自宅の近くの市役所での提出を決め、問い合わせしたら、韓国やフィリピンなどの国の人との国際結婚は前例があったけど、相手国によって書類が違うので役所の方もわからず、一緒に本を読みながらこれがいる、これはいらない・・・本当に大丈夫かっ・・・・?
でも、担当になってくれた方が一生懸命調べてくれた。

そんな書類集めのストレスや色んなマイナスの思いを吹き飛ばしてくれたのはやっぱり彼。


LUCYの誕生日にオーストラリアにいるはずの彼。
なのに、いっきなり目の前に現れ、現実か夢かわからなかった瞬間pen1_01.gif

私が一人で婚姻届などをもって行く事になってたけど、そんな紙だけで結婚出来てしまう日本は良し悪し。
彼にはそれが耐えられず、まだちゃんとしてなかったからってプロポーズをするために、LUCYのお誕生日を祝うために、15時間もかけ、日本語が全くわからないのに来てくれた。





もう何の迷いも不安もありません。





「幸せは歩いてこない、だから歩いて行くんだね。」




勇気を出し、1歩踏み出してつかんだ幸せ。




彼と出会えた事、彼と生きていける事。





これからは、旦那様を支え、一緒に新しい幸せを見つけながら歩み続けていきます



ここはバリですが・・・。

2011年11月20日 12:29

いや~、暑い!暑い!!暑いっpen1_78.gif

でも、夏が大好きなので幸せなんですよね~。この暑さが!!





そして、バリで今年初めて着た水着
ダイビングをやめたわけじゃないけど全然やらなくなったから、水着を着る機会もなく。。。



DSC_2681.jpg



夏のビーチで水着着て飲むビールってなんでこんなに美味しいんでしょう~mus_pen12.gif


ビーチを歩き回りながらネイルやマッサージの商売をしているおばちゃんがたくさんいるんだけど、もっちろん私達のところにもやってきて、そりゃ~断り続けましたが、一人、トークの面白いおばちゃん。
散々しゃべって仕事しなきゃ~って去っていき、疲れた~って30分後に戻ってきて、また座り込んで話し続け、そのおばちゃんの人柄がなんだか気に入ってしまい、ネイルとマッサージをやってもらう事にした私達。
そしたら違うおばちゃんが続々やってきて、結局4人のおばちゃんに囲まれてた。。。

って言っても、お金をスルわけでも押し売りをするわけでもなく、ただ座りこんでおしゃべりするだけ。
洪水の被害とか、給料が安いこととか、色んな事情を話してきたけど、みんなが口を揃えて言ってたのは、他の国の人みたいに贅沢な生活は出来ないけど、家族といる時がほんっと一番幸せ

温かい気持ちになりました。



バリで一番行きたかったお店は、オーストラリアからすでに電話予約をしておいたイタリアンの「Pepenero」
前回来たときにたまたまネットで見つけ、やっすいのにめっちゃ本格的な味でLUCYのお気に入り♪



DSC_2728.jpg




高台で見晴らしも良く、心地良い風も吹き、大満足のディナーでした



DSC_2729.jpg



そして翌日。
旅行に来てても気がかりでしょうがなかったオーストラリアのフットボール最終リーグ。

LUCYのお気に入りチームの試合があったので、タクシーの運転手さんに聞いて大きなスポーツバーへ。


DSC_2736.jpg



ここ・・・・バリ・・・・・?



多分200人は集まってたオーストラリア人。
すごいっ。。。。


ま、私も絶対観たい!!って思うくらいだから、そりゃ~オーストラリア人にとっては大切な試合。
しかも、バリはシドニーやゴールドコーストなど東の人でなく、ほっとんどがパースなど西の人ばかり。


DSC_2754.jpg


熱烈ファンにも負けず、EAGLESのビアクーラーを買い(買ったら缶用なので瓶にとっては大きすぎ、とりあえずケチャップを入れておいた・・・)、お店で売ってたEAGLESのランニングシャツを買って真剣に応援!
ほとんどがEAGLESファンだったのでほんっと楽しかったわぁ~pen1_03.gif



必死に応援して疲れた後に見た夕日。



DSC_2772_20111120194530.jpg



ホント、癒されました。。。。

今年初の夏☆

2011年11月17日 20:09

明日は英語のテスト。

のはずでしたが、毎日勤務がきつすぎて全く勉強できず、留学後に結果を出さなきゃいけないLUCYにとってこんな中途半端な状態で受けれないと思い、1週間後に急遽延期


あ~っ、気が楽になりました♪


そして久しぶりにガッツリ更新始めますが、思い出のバリ旅行から~



オーストラリアのパースからバリに行く人はめ~っちゃくちゃ多くて、シドニーやゴールドコーストからの人よりもパースからの人の方が断然!バリまでは4時間ちょっとだし、国内のケアンズに行くよりもはるかに安い!


DSC_2634_20111117185354.jpg


空港で大好きなポテトをつまみながら、午前ビール
旅の始まりはこうでなくっちゃね!!


オーストラリア人の彼とは、お互いの国を旅した事はあったけど、他国へ一緒に旅行するのは初めてで、いつも国際線ターミナルと言えばお別れで寂しい思い出しかなかったけど、今回は一緒に出国。
それだけでもテンションはマックスでした!!


到着して、ホテルのハイヤーに乗り込み、まずお願いした事。




「ビールをケースで買いたいので酒屋に寄ってください!」




一週間の滞在。
ケースで買った方がいいでしょ~っ。私たち。

お迎えの方も「だったらお水でなくビールを冷やしてウェルカムドリンクにすればよかったですね~っ!」って真剣におっしゃり、とりあえず購入したビールはすぐに開けてくれました♪


ん~っ、BINTANGビールうまっ


滞在したお部屋にはプライベートプールがついているので、さっそく二人だけのプールサイドでかんぱぁ~い

今年は全く夏を味わえなかったLUCYなので、この暑さがたまらなくサイコー!!



ビーチも歩いて行ける距離だし、夕日見ながら裸足でお散歩。

DSC_2649_20111117185354.jpg



あ~っ、これこれ!

この砂の感触がいいんですっ。



到着日の予定は全くなく、ガイドブックもなんにも持っていないので適当に入ったビーチサイドのオープンエアーレストランで、ライブを楽しみながらのお食事。


DSC_2650_20111117185353.jpg


BINTANGビールってなんでこ~~~んなに安いんでしょう!!


DSC_2661_20111117185353.jpg



おいしいインドネシアン料理。
ライブを行ってるバンドは120曲の中からリクエストにこたえて歌ってくれるので、LUCYの大好きな曲を書いて出したら、「あの日本人の女性からのリクエスト~!」なんていっきなりマイク向けられ、めっちゃ汗かいた。。




そして翌朝。

せっかくお休みだし、ゆっくり寝ようと思っても普段、仕事や学校で早起きの日々だから、何時に寝ても7時には目の覚める私たちは、目覚めのコーヒーを求めて、一番乗りでブレックファースト。


DSC_2669.jpg




木々に囲まれたホテルは癒しの空間です。


そして、この旅行の目的の一つ。
バリと言えばマッサージですよね!!

色んな冊子を空港から持ってきましたが、結局はホテルで3時間半。

DSC_2707.jpg



勉強で疲れた(って言うほどしてないけど・・・?)体をとっことんもみほぐしてもらい、リフレッシュ





彼はバリに何度も来てるけど、来たらほぼ毎日食べるというミーゴレン。
そ~と~好きらしく、前夜も食べたけど・・・・。

DSC_2701.jpg


目標は毎日らしい・・・・。




バリはいつ来ても、人々は明るくフレンドリーだし、何もかもがびっくりするほど安いし、心も体も癒される国。


DSC_2690_20111117190430.jpg




や~っと夏を感じたっ。


さて、ホントに翌日もミーゴレン・・・?






どうでもいいけど、LUCYは明日、おそらく日本で最後?のお誕生日会dan_pen30.gif

年に1度のイベントであるボージョレーを楽しんできま~す♪

両親への贈り物

2011年11月06日 15:33

日本の生活が再開して1か月。

14年間も続けている仕事はしっかり体に定着しているもので、復職してふと「私、休職してたっけ・・・?」って感じたり、細かい変更点は教えてもらいながらだけど、あっさりと今月からまた新しい班の番長を任されて。
復職前の不安はあっという間に消え去ってました。


先日、もうすぐママのお誕生日ということもあり、両親に温泉旅行をプレゼントoth_pen25.gif

週間天気を確認しながら、お天気のいい北海道・登別温泉に決定♪



ぽかぽか陽気のとても過ごしやすい気候。
今年はなかなか寒くならないから紅葉してるか心配でしたが、山々がたくさんの色に包まれてました。

DSC_3055.jpg

登別温泉は小さな町。
この旅行、基本は宿でゆっくりを目的としていたのでレンタカーを借りず、行動範囲は町の散策程度。
お昼過ぎに到着し、軽く食事をしようとお勧めを尋ねたら、「この辺はラーメン屋くらいしかないよ~っ」

ん~・・・・。
ラーメンはなぁ・・・と思って見つけた唯一のお蕎麦屋さん。
もちろん混んでて、ひっきりなしにお客さんがやってくるこのお店。
ラーメン屋さん以外にここくらいしかないから混んでるのかと思いきや、手打ちそばはとってもコシがあっておいしい!

DSC_3053.jpgそば処 福庵
手打ちとそうじゃない麺がありますが、ここで食べるなら絶対手打ちがお勧めです♪


お散歩兼ねて地獄谷を観光した後は、旅の一番の目的であるお宿へ~pen1_86.gif


せっかくだからなかなか自分たちでは予約しないであろう贅沢な宿を予約してました。

登別温泉郷 滝乃家

この宿の入り口を入った瞬間、期待以上のすばらしさにどこに泊まるか何も知らない両親のみならず私自身も驚き、しばらく感動に浸りながら談話室でお抹茶と手作り和菓子をいただきながら、火の灯った暖炉の前で写真を撮ったり、最初から素敵な時間が始まりました。
DSC_3115.jpg


さすがにカメラは持っていけませんでしたが、お風呂も最高♪
ホームページで「目に飛び込む自然は、絵画のごとく。」と書かれていた最上階の露天風呂は、LUCYの人生で一番感動したお風呂。素晴らしい紅葉を見ながらの~んびり癒されました。



個室で頂くお食事ももちろん贅沢なもの。

DSC_3091.jpg


新鮮な魚介中心のコース料理の中で一番感動したのは「カニ」
身がびっしり詰まった大きなタラバ蟹を口いっぱいにほおばって、特にママは大興奮でしたいえ~い



何もかも、細かく言えば掃除まで、ほんっとに何一つ不満を感じない宿。
おもてなしといい、設備といい、景色といい、感動とやすらぎをたくさんいただきました。


翌日は日和山を登り、山の空気を吸いながら紅葉を楽しみ、大湯沼などを観光。

DSC_3125.jpg


大湯沼川の天然足湯。
小さな滝を流れ落ちてきたお湯は、ちょうどいい温かさ。
森林の中で自然の素晴らしさを実感しながら、心も体もポッカポカ~ぺそぎん

DSC_3177.jpg



短い旅行ではありましたが、登別でのんびり過ごし、両親も”娘を産んで良かった・・・”って喜んでくれ・・・。
LUCYの中にとっても、いい思い出となった2日間でした。



あらためて両親へ、ありがとうpen1_53.gif




そして、LUCYはもうすぐ、やっと、お嫁に行きます。



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。